足立区 竹の塚・保木間の歯医者 ソアビル歯科医院

 虫歯治療

虫歯治療について

虫歯の原因
虫歯ができる要素には「歯の強さ」「虫歯菌」「砂糖の摂取」「時間」の4つがあります。虫歯を作るこれらの要素のコントロールが上手くいかなかった時に虫歯が出来ます。

虫歯の原因菌(ミュータンス菌)はお口の中で砂糖を分解して粘着性のある物質をつくり、歯の表面にくっつきます。そこで増殖して数を増やし、さらに他の細菌や食物などを取り込んで塊(かたまり)となります。

この細菌の塊のことをプラーク、あるいは歯垢といいます。このプラークが長い間取り除かれないまま歯の表面に残っていると、虫歯の原因菌が出す酸が溜まってしまいます。その酸が歯を溶かし、虫歯を進行させてしまうのです。

虫歯の進行と処置

caries.jpg

CO(シーオー)
表面が白く濁った色になりザラザラした感じになります。
まだ穴はあいていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です。

<白濁・白斑>

初診時
msb1.jpg
白濁が見られます

1年経過
msb2.jpg
再石灰化が進み白濁が消えました

上手なケアを行うと、健全な状態に戻ることができます。

<裂溝>

口の中の写真
msb3.png
歯の溝がザラザラしていました。
色素も沈着しやすくなります。

X線写真
msb4.png
特に悪いところは見られません。

深い歯の溝は虫歯になりやすい部分なので、ケアと観察が重要です。

C1(シーワン)
歯の表面にあるエナメル質に小さな穴ができます。
痛みなどの自覚症状がほとんどないので、気付かないこともあります。
msb5.png

C2(シーツー)
msb6.png

C3(シースリー)
msb7.png

C4(シーフォー)
歯全体が、虫歯に侵されています。
歯の根の先に膿がたまったり、歯の周りにも病気の影響が及び、歯を残すのが難しくなります。
msb8.png

当ページの画像及び動画の一部は「デンタルフラッシュ3」提供の素材です。無断で複製することはできません。