koujo_title01.gif

医療費控除を活用しましょう。税金が還付(軽減)されます。

医療費控除とは?
医療費控除とは、本人または本人と生計を1つにする配偶者やその他の家族・親族が一定額を超えた医療費を支払った場合、税法上、医療費控除が適用され税金が還付(軽減)される制度です。
自分や家族の病気・怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受けることができます。1年間で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を超える場合(または確定申告される方の合計所得金額の5%を超える場合)、医療費控除を受けることができます。
※医療費控除の対象上限金額は年間200万円まで。

還付を受ける為に必要なもの
 ・確定(還付)申告書 (給与所得者は源泉徴収票)
 ・領収書 (コピーは不可)
 ・印鑑、銀行等の通帳

  • ※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
  • ※申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。但しサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。


医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為の通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受ける為の施術費、その他

医療費控除の対象とならない医療費

  • 容姿を美化し、容貌を変える為を目的として支払ったいわゆる整形手術の費用
  • 健康増進や病気予防の為の医薬品の購入費
  • 通院に自家用車を使用した場合の駐車場代やガソリン代
  • かつら、めがねなどの購入費、その他

◎医療費控除額の計算方法
〔その年中に支払った医療費〕-〔保険金などで補てんされる金額〕

-〔10万円又は所得金額の5%(どちらか少ない額)〕=〔医療費控除額(最高200万円)〕

  1. 保険金などで補てんされる金額とは、生命保険契約などの医療保険金、入院費給付金や社会保険などから支給を受ける療養費、出産育児一時金、医療費の補てんを目的として支払を受ける損害賠償金などです。なお、保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
  2. 医療費控除により軽減される税額は、その方に適用される税率により異なります。

◎軽減される税額の早見表  課税総所得金額別(医療費控除前)

課税総所得金額 1年間で支払った医療費の総額
(保険金などで補填される金額がない場合)
30万円 100万円 200万円
軽減される税額
150万円 30,900円 135,000円 225,000円
300万円 40,000円 180,000円 337,500円
800万円 66,000円 297,000円 601,500円
1,000万円 86,000円 387,000円 727,000円
1,200万円 100,000円 450,000円 950,000円

  1. この表の「軽減される税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算しています。
  2. このページは平成22年11月現在の税制に基づき作成しています。

※医療費控除について詳しくは国税庁のホームページをご覧になるか、最寄りの税務署にお問い合わせください。

◎医療費控除のポイント

  • 医療費に関する領収書は大切に保管しておきましょう!交通費の記録も忘れずに!
  • 家族の中で一番所得金額の多い人が医療費を支払い申告するとお得です。
  • 治療は同じ年に家族でかかるのがお得です。
  • 確定申告をしていない場合、医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。